カラオケ上達!TOP > 歌の基礎知識 > 歌に必要な筋肉とは?

 

歌に必要な筋肉!どこを鍛えればカラオケが上達する?


筋肉を鍛えればカラオケが上達する

カラオケを上達させるためにはどこを鍛えればいいのか?

これに関して言えば、腹筋になります。

よく歌う場合は、腹式呼吸が大事といいますよね。なぜ腹筋を鍛えるのが良いかと言えば、これは、声量アップに繋がるからです。

腹筋を鍛えることで、ロングトーンも楽に出るようになります。なので、腹筋を鍛えることが大事なんですね。

ただ、腹筋というとお腹が6つに割れたシックスパックを思い出すでしょう。しかし、歌の場合は、ちょっと違います。

腹斜筋と言って、シックスパックの横にある部分になります。

つまり、普通の腹筋とは違うというわけです。

■あわせて読みたい記事

腹式呼吸の練習について!

歌うと喉が痛くなる原因と対策!




歌に必要な筋肉「腹斜筋」を鍛えてカラオケ上達!

 
歌に必要な筋肉は、腹斜筋がありますが、筋トレにもいくつかあります。

効果的とされるのが・・・

  • 足を上げて腹斜筋を鍛える方法
  • リバース・トランクツイストで腹斜筋を鍛える方法


これらのやり方になります。


足を上げて腹斜筋を鍛える方法


仰向けに寝た状態で足を10〜15cm上げます。これを20秒間キープさせます。ポイントは足を曲げない事と腹筋を意識することです。慣れてきたら30秒とか時間を伸ばすとより効果がでてきます。


リバース・トランクツイストで腹斜筋を鍛える方法


リバース・トランクツイストも仰向けに寝た状態で行います。手を床につけて、足を伸ばしたまま45度ぐらいまで上げます。その足を左右にゆっくり移動させる運動になります。ポイントは、肩が床から離れないことです。

・・・・

カラオケを上達させるためにも、これらトレーニングで腹斜筋を鍛えましょう!

短期間でカラオケを上達させるには?


歌に必要な筋肉「背筋」を鍛えてカラオケ上達!


歌に必要な筋肉は、腹筋の他には背筋を鍛えることも大事です。

その理由ですが・・・

猫背のように姿勢が悪いと良い発声ができないから!

なので、腹筋と同時に背筋も鍛えるようにしましょう。猫背が改善すると見た目が良くなるメリットもあります。

背筋の鍛え方ですが・・・

  • うつ伏せになる
  • 足は肩幅に開き足の甲を床につけて手は顔の横
  • 息を吐きながら上半身を上げる


ポイントとしては、あごは引くこと。それと、背筋の力を使い引き上げること。行う回数に決まりはありませんが、1日30回×2セットぐらいは行いましょう。

・・・・

腹筋と背筋を鍛えて、カラオケ上達を目指しましょう。

歌う前にはストレッチをするといい!