カラオケが上達しない?歌が上手くなるにはコツがあるんです!


カラオケのイメージ画像

あなたも「カラオケが上達しない」とお悩みですか?

音痴で歌が下手だとみんなに笑われまいますよね。

できれば、良い点数を出して気分よく歌いたいでしょう。

実は、カラオケを上達させるにはコツがあります。

そのコツを知っているかどうか?

それを実践しているかどうか?


ここがポイントです。

そこで、このサイトではカラオケが上達しないと悩むあなたのために音痴改善のためのトレ―ニングやカラオケ上達のための情報をお伝えします。

カラオケの点数が低い人や歌が下手でみんなに笑われると言う人は、ぜひ参考にしてみてください。


歌が上手くなる7つのコツ!カラオケが上達しないと悩む人は試してみよう!


カラオケで高得点を狙いたい場合はどうすればいいか?

少しでも音痴を改善させたい人もいると思います。

もちろん、上手く歌いたい場合はトレーニングは欠かせません。

ですが、少し意識しただけで歌はみるみる上達します。


ここでは、カラオケを上達させる7つコツを紹介したいと思います。

具体的には・・・

  • 筋肉をほぐして声を出しやすくさせる
  • 自分のキーに合わせて歌う
  • 音程を合わせる
  • リズム感を出す
  • 腹式呼吸で声量をアップさせる
  • 感情を込めて歌う
  • マイクの位置を確認する


これらの事を意識すれば確実に歌は上手くなります。


カラオケ上達のコツ1: 筋肉をほぐして声を出しやすくさせる


歌う前は、筋肉をほぐして準備することが大事です。

スポーツと同じで、先ずはウォーミングアップする必要があります。

筋肉のほぐし方としては、「リップロール」が効果的です。

リップロールとは口を閉じた状態で息をはきながら唇をブルルルルル…とさせる方法になります。

コツとしては、一定の量で息を出して、振動が続く時間を伸ばしていくことです。

歌う前やカラオケで良い点数を出すためにもリップロールをやり筋肉をほぐしましょう。


カラオケ上達のコツ2: 自分のキーに合わせて歌う


歌いたい曲があるけど高音が出ない場合もあります。

そんな時は、無理しないでキーを下げるようにしましょう。

自分の声のキーに合わない場合は、歌が下手に聞こえてしまいます。

また、無理をして高音を出し続ければ喉を傷めることに繋がり、声が枯れることがあるので気をつけてください。


カラオケ上達のコツ3: 音程を合わせる


音痴を自覚している人は、音程を合わせる必要があります。

音程を合わせるためには鍵盤楽器を用意して一音ずつメロディーを弾き、しっかり音程が出るか確認することです。

自分の音程がよく分からない場合は、カラオケを録音して、音程がおかしくないかをチェックしましょう。

一音ずつ音を確認して自分が歌っているのを録音して聞いてみる。

これを繰り返すことで音程が合い音痴は改善します。


カラオケ上達のコツ4: リズム感を出す


カラオケを上達させるためにもリズム感を出すこと大事です。

もし、歌い出しでズレるリズム音痴の言う人は、原曲を聞き手を叩きながら出だしの部分や音がズレる部分を心の中で歌いましょう。

これを繰り返し行うことで歌い出しのコツがつかめるようになっていきます。

また、リズム感を強化させるためには、音の強弱に意識してみてください。

強く歌うところや弱い声で歌うところを小節単位で確認して使い分けるとリズム感を出すことができます。


カラオケ上達のコツ5: 腹式呼吸で声量をアップさせる


声量をアップさせるためにも腹式呼吸のトレーニングを行うことが大事です。

腹式呼吸は胸筋は使わず、お腹だけで呼吸する方法です。

先ずは、息を吸い込んでお腹を膨らませて、次にお腹を凹ませる感じで吸い込んだ息を吐き出します。

腹式呼吸を行うと横隔膜が上下して、長時間息を継続して声量アップに繋がります。

ボイストレーニングの一環として普段から腹式呼吸を意識するようにしましょう。


カラオケ上達のコツ6: 感情を込めて歌う


カラオケで上手く歌うには感情を込めて歌うのも大事です。

感情を込めるには、必ず歌詞の内容を確認しましょう。

歌詞を見て力を込めて歌うところなのか?あるいは弱く歌うべきところかをしっかり把握します。

力強く歌うところと弱く歌うところをしっかり使い分けることができれば上手に聞こえるようになります。

感情を込めて歌うことができれば、歌唱力アップに繋がり人を感動させることができます。


カラオケ上達のコツ7: マイクの位置を確認する


上手く歌うためにもマイクの位置は必ず確認してください。

ダメな例としては・・・

マイクが離れすぎや近すぎる場合

マイクを横にしている場合

このような場合はキレイに音を拾ってくれません。

マイクの位置は、マイクと口を水平にすることが大事です。

そして、マイクと口は、5p程度、離すのが理想になります。

あえて低音効果を狙ってマイクと口をつけて歌ったり、ラッパーの人がマイクを横に持ったりしまがカラオケではお勧めしません。

カラオケで良い点数を取るためにも基本はマイクと口を水平にして5p程度、離すようにしましょう。

・・・・・

これらがカラオケを上達させるコツとなります。

少し意識したり、見直すだけでも歌が上手くなります。


カラオケが上達しない理由!手っ取り早く歌が上手くなるにはこの方法!


実は、カラオケが上達しないのにはある理由があります。

それは自宅で練習しようとするからです。


自宅で練習しても歌は上手くならない?


家で練習しているけど、なぜか歌が上達しない・・・

実際にこんな方は大勢いるようです。

なぜ家で歌の練習をしても上手くならないのか?

その理由は・・・

防音設備のないところで練習すると周りが気になるから!

大きい声で歌えば、音が外に漏れてしまいます。

その結果、無意識に声を抑えて発声してしまうんですね。

もちろん、これではトレーニングになりません。

これが自宅で練習しても歌が上手くならない大きな理由となります。


手っ取り早くを上達させいなら!


では、手っ取り早く歌が上手くなりたい場合はどうすればいいか?

それは音楽教室に通い、ボイストレーニングを指導してもらうことです。

講師に教わるのが確実でお勧めです。

ですが、レッスン費や時間の関係などの問題でスクールに通えない人もいるでしょう。

そんな方のために、自宅でカラオケを上達させるコツがあります。

どうしても音楽教室やミュージックスクールに通えない人は、この下で紹介している方法を試してください。


自宅でこっそり音痴を克服してカラオケを上達させる!



音痴改善やカラオケを上達させたい場合、歌の講師に教わるのがいいです。

しかし、現実的に考えて・・・

  • カラオケ教室やボーカル科などが近所にない
  • 講師に教わるのに抵抗がある
  • 金銭的にもきつい


これら問題があるのも事実でしょう。

そこで、自宅でこっそり音痴を克服してカラオケを上達させる方法があるんです。

本来であれば、防音室のあるスタジオで発声練習をしなければいけません。

ですが、この方法であれば自宅で練習することが可能!!

自宅にいながら歌を上達させることができるんです。

⇒自宅でこっそりカラオケを上達させる方法を解説!