カラオケを上達させるコツ!TOP > 基礎トレーニング > 練習でエコーをかけてはダメな理由!

エコーをかけると上達しない理由とは?




本当に歌が上手くなりたいですか?
音痴を克服したい人が見るべきサイト!


⇒詳しくはコチラ!


カラオケ練習でエコーをかけると上達しない理由

みなさんカラオケでは、エコーをかけて歌うと思います。

しかし、ご存知でしたでしょうか?

エコーを使って練習すると上達しないということを!

なぜ、エコーを使って練習してはいけないのか?

その理由ですが・・・

エコーをかけると上手に聞こえるから!

歌が好きな人なら、お風呂場で歌ったりすることもあるでしょう。

カラオケがなくても、なんとなく上手く聞こえますよね。音が響けば、多少、メロディーがズレても誤魔化す事ができると言うわけです。

ちなみに音が響かないところで歌ってみてください。音が響かなければ歌っていてもしっくりこないと思います。

録音してみれば、自分の下手さがよく分かります。もちろん、上達させたいなら、正しい音程を出さなければいけません。

なので、正確な音程を出すためにも練習では、エコーを切るようにしましょう。

関連記事
カラオケを上達したいなら録音すること!

曲によってエコーを使い分けよう!


練習の時は、エコーを切る。でも、カラオケを披露したい場合は、逆に使いたいところです。

実は、曲によって、エコーの設定を変えることが大事なんですね。

エコーのかけ方ですが・・・

  • アップテンポの曲では軽めにかける
  • スローテンポの曲では深めかける


ここが重要です。

リズムが早いアップテンポの場合、エコーを深くかけると歌詞が聞き取りにくくなるのと、響きすぎて気持ちよく歌うことができなくなります。なので、浅めにかけるのがコツです。

逆にゆっくりのスローテンポの曲は、深めにエコーをかけた方がいいです。スローテンポの場合、強めかけることで音に深みも出て、キレイに聞こえてきます。

ただし・・・

音程が狂っている場合は、何をしても下手に聞こえるので注意してください。

その場合は、はじめに音程を合わすトレーニングを行いましょう。

関連記事
自宅で練習する場合の防音対策!

自宅でこっそり音痴を克服してカラオケを上達させる!



音痴改善やカラオケを上達させたい場合、歌の講師に教わるのがいいです。

しかし、現実的に考えて・・・

  • カラオケ教室やボーカル科などが近所にない
  • 講師に教わるのに抵抗がある
  • 金銭的にもきつい


これら問題があるのも事実でしょう。

そこで、自宅でこっそり音痴を克服してカラオケを上達させる方法があるんです。

本来であれば、防音室のあるスタジオで発声練習をしなければいけません。

ですが、この方法であれば・・・

自宅で練習することが可能!!

自宅にいながら歌を上達させることができます。

カラオケの点数をアップさせたい人や音痴を改善させたい人は、一度確認してみてください。

詳しくはコチラから!