カラオケ上達!TOP > テクニック > 低音の出し方や簡単な練習について!

低音の出し方!カラオケで低いを出すコツや練習を紹介!


低い声の出し方!

レパートリーを増やすには、低音〜高音まで音域の幅を広げたいところ!

ボイトレでは、よく高音を出すための練習を行いますよね。

低音の練習はあまり考えた事がない人が多いかもしれません。

しかし、低い声にも魅力はあるものです。

そこで、今回は、低い声を出すコツや練習法についてお伝えしています。

そもそも、低い声を出すにはどうすればいいのか?

低音の練習としては・・・

  • 「あー」と言いながらゆっくり音を低くする
  • 限界まできたらその音をキープさせる


このような練習を行います。

最初は、音程を安定させるのが難しいと思います。

自分の低音の限界で音を保つことは大事なポイントになります。

■あわせて読みたい記事

高音の出し方について!

裏声の出し方について!




カラオケで低音を出したい場合どこを鍛える?


低くて太い声って魅力を感じる方もいると思います。

どうすれば低音がでるのか?

何かコツでもあるのでしょうか?

これに関していえば・・・

横隔膜を鍛えること!

ここが大事です。

また、横隔膜を鍛えるにもいくつかやり方はあります。

その方法としては・・・

  • ドギープレス(ドックプレス)の練習
  • エッジボイスの練習


を行うのが効果的です。


ドギープレス(ドックプレス)の練習


ドギープレスとは、犬がよくやる「はっはっはっ」とやる呼吸法です。息を短く吐くのが特徴になります。

やり方としては、口を開けて、「はっはっはっ」と繰り返します。これを続けることで横隔膜が鍛えられ低音も出るようになります。

ちなみに、横隔膜が鍛えると腹式呼吸しやすくなるので、一石二鳥です。


エッジボイスの練習


低音を出すにはエッジボイスの練習もいいです。

エッジボイスとは、低音で「あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ」と途切れた感じで発声する。

一番低い声を出すテクニックの1つと思ってください。この練習を行うと低音を保つ事ができます。

・・・・

このように低音を出すには、コツやテクニックが必要になります。

毎日練習すると魅力的な低い声が出せるようになります。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

■あわせて読みたい記事

ハミングの効果と正しいやり方!

ビブラートの簡単な出し方!