カラオケ上達!TOP > テクニック > ビブラートの簡単な出し方!

ビブラートでカラオケ上達!簡単な出し方やコツについて!


ビブラートの簡単な出し方!

歌のテクニックの一つにビブラートがあります。これは音を揺らすテクニックとなります。

歌はもちろんの事、他にもギターを始め多くの楽器で使われるテクニックです。

ビブラートの効果ですが・・・

  • 心地よく聞こえる
  • 感情を込めやすい
  • 単調にならない
  • 個性を出すことができる


などが挙げられます。

音を揺らすテクニックなので、上手にビブラートを入れると心地よく聞こえます。感情を込めやすくなり、音が揺れる事で単調にならないところもメリットです。

また、ビブラートは、その人の個性を出すこともできます。なので、ぜひマスターしたいところ。

では、具体的にどのようにすればいいのか?

■あわせて読みたい記事

高音の出し方や簡単な練習について!

カラオケで「しゃくり」を出すコツ!




ビブラートの簡単な出し方とやり方について!


発声の仕方としては・・・

あーーーーーー

というところを・・・・

あぁあぁあぁあぁあ

このような感じで声を出していきます。

思うように出ない人は強制的にビブラートをかけることもできます。

「あーーーーーー」と発声している時に、胸を一定間隔で叩いてみてください。

これだけで、「あぁあぁあぁあぁあ」と音を出すことができます。


この感覚を覚えいくと、胸を叩かなくてもできるようになります。


ロングトーンで使うビブラートの練習


練習方法としては、ロングトーンの時にビブラートを効かせるのがいいでしょう。例えば、8拍のロングトーンで練習するとしたら、最初の4拍は普通に音を伸ばす。

そして、最後の4拍をビブラートをかける。これができたらビブラートをかけながらフェイドアウトをする。


3連譜のパターンでビブラートを入れる


また、ビブラートをかける時には3連譜のパターンを意識することも大事です。三連とは、一拍に音を3つ入れるやり方になります。

リズムとしては「タタタ・タタタ・タタタ・タタタ」このようになります。歌う場合は、「あぁあ・あぁあ・あぁあ・あぁあ」と言った感じです。

他にも、自分の好きな曲を聞いてみて、どこでビブラートをかけているか?どんなかけかたをしているのか?

色々と、聞いて確認してみてください。そして、良いと思ったことは、どんどん真似してみてくださいね!

■あわせて読みたい記事

自宅でカラオケ練習をするなら!

低音の出し方について!