カラオケ上達の基礎知識!TOP > 基礎トレーニング > 割り箸を使ったボイストレーニング!

割り箸を使ったボイストレーニングをやるとカラオケが上達する?


割り箸を使ったボイストレーニングとはどんな方法なのでしょうか?

歌を上達させたい場合は、喉を開くことが大事なんですね。喉が開かなければ、息の流れが悪くなりますからね。

もちろん、歌声はキレイに響きませんし、高音も出にくいです。声量をアップさせることも難しくなるでしょう。

なので、上手に歌いたいなら、喉を開くことが重要!!歌が下手な人は、もしかしたら喉があまり開いていないのかもしれません。

そこで、今回は、割り箸を使って喉を開く方法を紹介したいと思います。


あわせて読みたい記事
高音の出し方やコツについて


割り箸を使ったボイストレーニングのやり方!


割り箸を使ったボイストレーニング。

用意するものは・・・

・割り箸2本 (割れていないもの)

やり方ですが・・・

2本の割り箸を奥歯で噛みます。

低い声から高い声を出す感じで

「あーーーーあーーーー」

と何度か繰り返し発声練習をします。

次に割り箸を外した状態で同じように発声してみてください。

すると、喉が開いていると実感できるようになります。

たったこれだけで、喉が開くようになるので、ぜひ実践しましょう。

ちなみに、注意することですが・・・

軽く噛むことを意識してください。

歯を浮かせるイメージでなるべく力を入れないことです。

噛んでしまうと喉が潰れてしまい、良い発声ができなくなってしまいます。

・・・

このトレーニングを続けることで喉が開くようになっていきます。

潰れている喉では、良い歌声はでません。

割り箸を使ったボイストレーニングを行い、カラオケを上達させましょう!

関連記事
歌手もやっている喉のケアについて!

自宅でこっそりカラオケを上達させる方法がある!



カラオケを上達させたい場合、歌の講師に教わるのがいいです。

しかし、現実的に考えて・・・

  • カラオケ教室やボーカル科などが近所にない
  • 講師に教わるのに抵抗がある
  • 金銭的にもきつい


これら問題があるのも事実でしょう。

そこで、自宅でこっそりカラオケを上達させる方法があるんです。

本来であれば、防音室のあるスタジオで発声練習をしなければいけません。

ですが、この方法であれば自宅で練習することが可能!!

自宅にいながら歌を上達させることができるんです。

⇒自宅でこっそりカラオケを上達させる方法を解説!