カラオケ上達!TOP > テクニック > カラオケで「しゃくり」を出す方法!

カラオケで「しゃくり」を出す方法について!


カラオケで「しゃくり」を出す方法

「しゃくり」はカラオケの採点にも影響します。

でも、しゃくりがよく分からない?

上手にできない?

どのタイミングで入れればいいか分からない?

このような人もいらっしゃると思います。

そこでここでは・・・

カラオケで「しゃくり」を出す方法

こちらに注目してみました。


主な内容は・・・

  • 「しゃくりにはどんな効果があるの?
  • 「しゃくり」のやり方やコツについて!
  • 「しゃくり」ができない?タイミングが合わない場合は?


これらテーマでお伝えしています。

カラオケでしゃくりが上手にできない人やタイミングがよく分からない人は、ぜひ参考にしてみてください。

■あわせて読みたい記事

感情を込めて歌うにはどうする?

高音の出し方や練習について!




「しゃくり」にはどんな効果があるの?


そもそも、「しゃくり」ってどんな効果があるのかご存じでしょうか?

しゃくりが入るとカラオケで加点されますよね。

なので、どんな感じかは理解できると思います。

ただ、効果を言葉で表すのは難しいでしょう。

しゃくりの効果としては・・・

  • 曲を豊かに表現することができる
  • 「滑らかさ」や「深み」が加わる
  • 感情を表現しやすくなる
  • 声帯への負担が軽減する
  • 高い音が出しやすくなることもある


これらが挙げられます。

「しゃくり」を使うことで、曲を豊かに表現することができます。

「滑らかさ」や「深み」が加わりますので、感情を表現しやすくなるんですね!

また、少し低い音程から滑らかに音を出すことで、声帯への負担が軽減します。

他にも、高い音が出しやすくなることもあると言われます。


つまり、しゃくりの効果は上手に使うことで感情を乗せやすく、感動を与えるような表現をつくることができると言うわけです。

ですが、何度もしゃくりを入れてしまえばしつこく感じるので適度に使うことが大事です。

それに何度もしゃくりを入れると今度は喉に負担がかかるので、声が枯れやすくなるので気をつけなければいけません。

裏声の出し方!練習は?


「しゃくり」の出し方!やり方やコツについて!


「しゃくり」が上手にできない?

そもそも、やり方がイマイチよく分からない?

こんな人いるでしょう。

「しゃくり」にもいくつかコツあります。

主なコツとしては・・・

  • 元の音の高さより低い音から発声する
  • なめらかに音を引き上げる
  • 母音を意識すると出やすくなる
  • 息つぎの後の1音目にしゃくりを入れる
  • 曲のテンポに合わせてしゃくりのスピードを変えるといい
  • 使いすぎは、くどくなるので程々に使う


これらを意識することが大事なポイントです。

なかなか言葉では伝わらない部分もあるかと思います。

そこで・・・

「しゃくり」を解説している動画がありましたので、こちらを参考にすると分かりやすいでご覧になってみてください。



Tomo Voiceさんの
カラオケで加点になる「しゃくり」のコツ」より


「しゃくり」ができない?タイミングが合わない場合は?


「しゃくり」ができないと悩む人もいるかもしれません。

この場合、タイミングを合わせることが大事になります。

しゃくりのタイミングとしては、次のような部分を意識するといいです。

具体的には・・・

  • フレーズの始まりか終わりで使うようにする
  • あらかじめ「しゃくる」ところを決めておく
  • 不自然に聞こえる時は無理にしゃくりを入れない


これらです。

しゃくりを入れるタイミングとしては、フレーズの始まりか終わりです。

なので、元の曲をよく聞いて、あらかじめしゃくりを入れる部分を決めておきましょう。

次に実際に歌って録音したものを聞いてみてください。

そこで、違和感がないかどうか?

不自然ではなかどうか?

よく確認して明らかにおかしいようであれば、無理にしゃくりを入れる必要はありません。

あまり意識し過ぎると音程が狂うこともあるので気をつけてくださいね。


ちなみに・・・

しゃくりを意識しないで歌手が歌っているのを何度も聴いて真似るというのもいいのかもしれません。

いずれにせよカラオケを上達させたい人は、何度も曲を聞いたり歌ったりして研究するようにしましょう。

■あわせて読みたい記事

カラオケの「フォール」「しゃくり」「こぶし」とは?

自宅でカラオケの練習をするなら!