カラオケを上達させるコツ!TOP > 基礎トレーニング > 歌い出しでズレる場合の対策!

歌い出しでズレる場合の対策について!




本当に歌が上手くなりたいですか?
音痴を克服したい人が見るべきサイト!


⇒詳しくはコチラ!


歌い出しでズレる原因と対策

カラオケで歌う時、出だしでズレる事ってありませんか?

いつもタイミングが合わなくて、曲が始まってから歌い出す。

あるいは、曲が始まる前に歌いだしてしまう。

このような事で悩む人もいらっしゃると思います。

今回は、こんな場合の対策についてお伝えしています。

そもそも、なんで曲に合わせて歌い出すことができないのか?

その理由としては・・・

  • 曲を把握していない
  • 歌う時に緊張してしまう
  • リズム音痴になっている


これらが挙げられます。


あわせて読みたい記事
カラオケ上達の基礎知識!


曲を把握していない


当然、曲を把握していなければ、タイミングが分からない事はあります。なんとなく曲を知っている程度では、歌い出しが分からない場合もあるでしょう。なので、歌いたい曲であれば、何度も聞いておくことが大切です。


歌う時に緊張してしまう


大勢の前で歌う場合は、緊張することもあります。一人カラオケでは問題ないけど、人に見られると頭が真っ白になってしまう。すると、歌い出しでズレてしまうことがあるんですね。この場合の対策は、人前で何度も歌って慣れるしかありません。


リズム音痴になっている


テンポを合わせることが苦手で途中で分からなくなってしまう。こんな場合は、リズム音痴になっている可能性があります。なので、曲に合わせてどのタイミングで歌に入るのかを確認することが大事です。

関連記事
カラオケの練習曲でオススメは?


歌い出しで合わせるポイントは?


歌い出しでズレてしまう場合、複雑な曲になっていないか確認してください。

例えば、曲のリズムが早い場合や変拍子になっていないかどうか?曲が早い場合は、合わせるのも少し難しくなります。

なので、早すぎない曲を選ぶようにしましょう。また、一般的には四拍子の曲が簡単なので、ややこしいリズムの曲は避けましょう。

歌い出しで合わせるポイントですが・・・

まず、曲に合わせて手を叩いてリズムを感じてください。

四拍子の曲であれば、

「ワン・ツー・スリー・フォー・ワン・ツー・スリー・フォー」

といった感じで手を叩くといいです。

そして、歌い出しが、「ワン」の時に始まる場合は・・・

「ワン・ツー・スリー・はい」

「はい」の次に歌えばズレることはありません。

いずれにしても曲をよく聞いて、リズムを感じることです。手を叩きながら、ワン・ツー・スリー・フォーと口に出すのもいいでしょう。

慣れてくれば、歌い出しで失敗することはなくなるのでチャレンジしてください。

関連記事
音痴で恥ずかしい場合の対処法について!

自宅でこっそり音痴を克服してカラオケを上達させる!



音痴改善やカラオケを上達させたい場合、歌の講師に教わるのがいいです。

しかし、現実的に考えて・・・

  • カラオケ教室やボーカル科などが近所にない
  • 講師に教わるのに抵抗がある
  • 金銭的にもきつい


これら問題があるのも事実でしょう。

そこで、自宅でこっそり音痴を克服してカラオケを上達させる方法があるんです。

本来であれば、防音室のあるスタジオで発声練習をしなければいけません。

ですが、この方法であれば・・・

自宅で練習することが可能!!

自宅にいながら歌を上達させることができます。

カラオケの点数をアップさせたい人や音痴を改善させたい人は、一度確認してみてください。

詳しくはコチラから!