カラオケ上達!TOP > 基礎トレーニング > リップロールについて!

リップロールの効果とやり方!カラオケ上達に役立ちます!


リップロールのやり方と効果について

リップロールはボイストレーニングに効果があると言われています。

このトレーニングは、唇を「プルプル」と「ロールさせる」方法です。

歌う前に行うとフォーミングアップになるのでぜひボイトレの練習として取り入れたいメニュ―です。

ただ、実際にやってみると、

なんだか難しい・・・

スムーズに出来ない・・・


こんな人もいるようです。


そこでこのページでは、

リップロールのやり方や効果

これらをテーマにお伝えしていきます。

カラオケを上達させたい人や歌う前にフォーミングアップをしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

■あわせて読みたい記事

割り箸を使ったボイストレーニング

音程を合わせる練習




リップロールにはどんな効果があるのか?


このリップロールですが、別名、リップトリルとも言います。

その一番の効果としては・・・

口周りの筋肉を和らげ、上手に歌えるようになるところ!

でも、それだけではありません。

他にも、リップロールを行うことで色んな効果が期待できるのです。

具体的には・・・

  • 腹式呼吸で安定した息を長く吐き出す練習になる!
  • 音程をコントロールすることに繋がる
  • 適切な息の量で歌えるようになる
  • 横隔膜などの呼吸筋が鍛えられる
  • 高音が出やすくなる


などです。

このトレーニングを行うことで得られる効果やメリットは非常に大きいです。

プロの方はボイストレーニングのメニューに取り入れたり、本番前には欠かさず練習すると言う方も多くいますからね。

つまり、それだけ大事ってことなんですね。

歌う前にはストレッチするのがいい?


リップロールのやり方!カラオケ上達に役立てよう!


リップロールのやり方は簡単です。

カラオケを上達させるためにもリップロールのトレーニングを取り入れましょう。

では、具体的なやり方ですが・・・

  1. リラックスした状態を作る
  2. 唇を閉じて空気を出しながらプルプルとふるわせて音を出す
  3. 空気の吐き出しを少しずつ強くする
  4. 横隔膜を意識して、できるだけ振動を長続きさせる


これらのことを行います。

先ず、リラックスした状態から唇を閉じて空気を出しながらプルプルとふるわせて音を出します。

その際、少しづつ空気の吐き出しを行って強くしていきます。

また、横隔膜を意識して、なるべく振動を長続きさせましょう。

特に口周りが硬くなっているとスムーズにリップロールができません。

なので、緊張状態を和らげ出来るだけリラックスした状態から行うといいでしょう。


ちなみに・・・

次の動画では、レベルに合わせてリップロールのやり方を紹介していますので参考にしてみてください。



「リップロール初心者から上級者までいろいろなやり方を紹介します!いくちゃんねるボイトレ」より


リップロールができない?続かない場合の対処法!


中には、リップロールができない?続かない人もいます。

なぜ、上手にブルブルとできないのか?

その原因もいくつかあります。

例えば・・・

  • 唇を強く閉じすぎている
  • 唇が乾燥している
  • 口角が下がっている


こんな場合は、リップロールがスムーズにできない可能性があります。


唇を強く閉じすぎている


唇を強く閉じているとリップロールは上手できないので、口周りが緊張して固まっていないか確認してリラックスさせることが大事です。


唇が乾燥している


唇が乾燥している場合もスムーズにできなくなるので、その場合はリップクリームを塗るか?あるいは唇を舌ベロで舐めから試してみてください。


口角が下がっている


もし、口角が下がっているなら口角を上げることも大事です。その場合、指を使って軽く口角をあげるとやりやすくなります。

・・・・

このようなことを注意すればリップロールもスムーズにできるはずです。

出来るようになったら今度は、長く続くようにチャレンジしたり、あとは上や下を向いたりして色んなバリエーションで試してみるのもいいと思います。

歌を上達させたい人やカラオケで良い点数を出したい時などは、フォーミングアップにリップロールを取り入れましょう。

■あわせて読みたい記事

声量をアップさせる方法

自宅でカラオケを上達させるには?